明けの明星(あけのみょうじょう)

明けの明星(あけのみょうじょう)とは

明けの明星とは、底値圏で現れる「買いシグナル」のひとつで、下落した株価が上昇トレンドへと転換する可能性の高いチャートパターンだよ。
三川明けの明星(さんせんあけのみょうじょう)とも呼ばれていて、3つのローソク足の組み合わせでこの「明けの明星」が完成するんだ。
その発生条件は下記の通り!

①1本目が、大陰線(長い陰線)
②2本目が、窓を開けてできた小さな陽線、もしくは陰線(十字線だとより強い)
③3本目が、窓を開けてできた大陽線(長い陽線)

1本目(大陰線)

大陰線は、売りの圧力が大きいことを表すローソク足のことだよ。
売られる理由は様々だけど、例えば何か悪材料(悪い情報)が出たときなどにできやすいんだ。

2本目(窓を開けての小さな陽線・陰線)

2本目は、窓を開けてできた小さな陽線・陰線である必要があるよ。
窓を開けるほど寄り付きから「投げ売り」が殺到したものの、値ごろ感から「買い」も多く入り、売り圧力と買い圧力が拮抗している状態を表すんだ。
この2本目は「陽線」でも「陰線」でも「十字線」でも良いとされているよ。

3本目(窓を開けての大陽線)

そして3本目に、窓を開けた大陽線ができれば、明けの明星が完成するんだ。
上窓を開けるということは、買い注文が殺到しているということ。
投資家に悪材料出尽くしと判断され、引けにかけて大きく買われると、上昇トレンドに転じる可能性が高いよ!
ちなみに、この「明けの明星」の逆シグナルとして「宵の明星」というものもあるんだ。
宵の明星についてはこちらの記事を読んでみてね!

明けの明星を1つのローソク足にまとめると

3本のローソク足がセットとなった「明けの明星」だけど、このローソク足を1本にまとめると次のようになるよ。

チャート(ローソク足)を勉強している人ならわかると思うけど、長い下髭は「買いの圧力」が増してきたサインで、株価上昇の兆しだと言われているよね。
「明けの明星」とは、早朝に見られる明るく輝く星のことを言って、まさに下降トレンドという暗闇の中で現れた「希望の星」なんだ。
この「明けの明星」が見られたときは、直近の底を打った可能性が高いと判断できるので、注意を払いながらも積極的にエントリーしてみてね!


関連記事

  1. 赤三兵(あかさんぺい)

  2. 黒三兵(くろさんぺい)

  3. カップウィズハンドル

  4. トンボ(ローソク足)

  5. 三点童子(さんてんどうじ)

  6. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

カテゴリー

  1. カブーの自己紹介

    2021.12.23

  2. PBR(株価純資産倍率)

    2021.03.01

  3. BPS(1株あたりの純資産)

    2021.02.28

  4. トウバ(ローソク足)

    2021.01.29

  5. トンボ(ローソク足)

    2021.01.28

  6. トンカチ(ローソク足)

    2021.01.27

  7. カラカサ(ローソク足)

    2021.01.26

  1. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  2. カップウィズハンドル

LINEFX0714