カラカサ(ローソク足)

カラカサとは

カラカサとは、胴体が短く下ヒゲが長い「ローソク足」のことを言うよ。
下ヒゲの長さは胴体の3倍以上と言われていて、陽線のカラカサは「下影陽線」、陰線のカラカサは「下影陰線」とも呼ばれているんだ。

このカラカサ(唐傘)は、どちらも下ヒゲが長いことが特徴で、最終的には買い圧力が強まったことを意味するよ。
陽線の場合、寄り付いて間もなく「大量の売り」が入って株価は大きく下げたけど、その後「買い圧力」が勝って始値よりも高く引けたことを表しているんだ。

一方、陰線の場合も、陽線と値動きはほぼ一緒で、最初に大量の売りが入って大きく下げるも、その後の「買い圧力」によって始値付近まで戻したことを表しているよ。

そのため、どちらのローソク足も安値圏で出れば買いサインだと言われていて、相場の上昇転換を示唆しているんだ。
一方、高値圏でカラカサが出現すると、「首吊り線」といって売りサインになってしまうんだよ。
この首吊り線についてはまた別の記事で紹介するね!
今回は、安値圏で現れるカラカサ(下ヒゲが長いローソク足)は買いシグナルだということを覚えてね!


関連記事

  1. チャートにおける「窓」ってなに?

  2. 逆三尊(ぎゃくさんぞん)

  3. 三空踏み上げ(さんくうふみあげ)

  4. トンボ(ローソク足)

  5. 三尊天井(さんぞんてんじょう)

  6. 天井三日、底百日(てんじょうみっか、そこひゃくにち)

カテゴリー

  1. カブーの自己紹介

    2021.12.23

  2. PBR(株価純資産倍率)

    2021.03.01

  3. BPS(1株あたりの純資産)

    2021.02.28

  4. トウバ(ローソク足)

    2021.01.29

  5. トンボ(ローソク足)

    2021.01.28

  6. トンカチ(ローソク足)

    2021.01.27

  7. カラカサ(ローソク足)

    2021.01.26

  1. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  2. カップウィズハンドル

キャンペーン