カップウィズハンドル

カップウィズハンドルとは

カップウィズハンドルとは、文字通り取っ手つきのカップのことを指し、コーヒーカップのような形状をしたチャートパターンのことを言うよ。
成長株(グロース株)にたまに見られるチャートパターンで、株価が2倍・3倍へと大きく跳ね上がることも珍しくないんだ。
カップウィズハンドルは、アメリカの伝説的な投資家「ウィリアム・オニール」が著書(オニールの成長株発掘法)で紹介していたことでも知られ、数あるチャートパターンの中でも信頼度の高いシグナルだと言えるよ。

このカップウィズハンドルの発生条件は下記の通り。
①カップ形成前に、30%以上値上がりする
②株価が大きく下がる(調整)
③カップの底で「U字型」を形成する
④株価が「ベース高値」近くまで上昇する
⑤ハンドル(取っ手)部分を形成する
⑥ピボットポイントを上抜けする
以上の項目をクリアすると、カップウィズハンドルが完成となるんだ。
ここからはそれぞれの項目を詳しくみていくね!


①カップ形成前に30%以上値上がりする

カップウィズハンドルは、上昇トレンド中に形成されるチャートパターンなんだけど、カップを形成し始める前に直近の底値から30%以上、株価が値上がりしていることが理想とされているよ。
もちろん絶対ではないけど、この条件が当てはまることで、より精度が高まると言えるんだ。
ちなみに、上昇トレンドではなく「下落トレンド」でもカップウィズハンドルが出現することもあるけど、成功率はぐっと下がると言われているよ。
そのため、カップウィズハンドルの第一条件として、まずは30%以上の値上りをしているかどうかに注目してみてね。

②株価が大きく下がる(調整)

上昇を続けてきた株価が、ある程度の水準に達したら、「利益確定」に大量の「空売り」も入って、株価が急落することが多いよ。
いわゆる「振るい落とし」といって、握力の弱い個人投資家を機関投資家が一斉に焼き尽くすんだ。
このときの下げ幅(調整幅)は、高値から12~33%程度が理想とされていて、例えば、下落前の高値が1,000円だとしたら、株価は880円~670円あたりを目安に推移すると考えることができるよ。

③カップの底でU字型を形成する

カップの底だけど、ここの形は「V字」ではなく「U字」が良いとされているんだ。
じっくり時間をかけて、握力の弱い個人投資家に損切りをさせ、それを機関投資家が買い集める必要があるからね。
V字ですぐにリバウンドしてしまうと、振るい落とし買い集めが不十分になることからも、底でもみ合い(横ばい)が続くのが良いとされているんだよ。

④株価がベース高値近くまで上昇する

売りたい人はもうほとんどが手放した「売り枯れ状態」で、出来高も激減。
機関投資家も満足のいく買い集めができたら、準備は完了だよ!
株価の大幅な上昇に向けて、一気に仕掛けてくる可能性が高いんだ。
出来高が少ない中、大量に買い注文が入ったら、どうなるかは容易に想像がつくよね!
ただ、何も「好材料」がない状態でいきなり株価を上げても、個人投資家が後に続かない可能性もあるから、好材料に合わせて仕掛けてくることが多いよ。
ちなみに、ここの上昇は、ベース高値(下落する前の高値)まで戻る必要はなく、ベース高値より5%~10%程度低くて良いとされているんだ。

⑤ハンドル(取っ手)部分を形成する

ベース高値近くまで上昇すると、再び売り圧力が強くなることからも、ここでまた株価は下落(調整)すると考えられるよ。
底で買った個人投資家の「利益確定」に加え、損切りができなかった人の売り圧力もあるので、このタイミングでまた調整期間に入るんだ。
下落幅(調整幅)は、強気相場なら8~12%弱気相場なら20~30%とされていて、ここでコーヒーカップのハンドル(取っ手)部分を形成するよ。
ハンドル部分は、形成しなくても上昇することがあるんだけど、形成された方が上昇の確率は高いとされているんだ。

⑥ピボットポイントを上抜けする

「カップ部分」と「ハンドル部分」をつなぐ高値(青い点)を「ピボットポイント(転換点)」といって、このピボットポイントを上抜けたタイミングが、絶好の買い場だと言われているよ。
このピボットポイントをブレイクすることができれば、本格的な上昇が始まるとされているんだ。
カップウィズハンドルの形成期間は銘柄によってバラバラだけど、ウィリアム・オニール氏いわく「7~65週間」とのこと。
日に変換すると49日~455日。
月に変換すると1.6ヵ月~15ヵ月。
ちなみにハンドル(取っ手)部分は「2週間以上」とされていて、かなり時間を要するチャートパターンなんだよ。
このことからも、カップウィズハンドルは「デイトレード」ではなく「スイングトレード」に向けたチャート分析だと言えるんだ!
スイングトレードで大きな利益を得たいという方は、オニールの成長株発掘法を参考に、カップウィズハンドルを形成しそうな銘柄を探してみてね!

関連記事

  1. トウバ(ローソク足)

  2. トンカチ(ローソク足)

  3. 押し目待ちに押し目なし

  4. 休むも相場

  5. 時価総額(じかそうがく)

  6. カラカサ(ローソク足)

カテゴリー

  1. カブーの自己紹介

    2021.12.23

  2. PBR(株価純資産倍率)

    2021.03.01

  3. BPS(1株あたりの純資産)

    2021.02.28

  4. トウバ(ローソク足)

    2021.01.29

  5. トンボ(ローソク足)

    2021.01.28

  6. トンカチ(ローソク足)

    2021.01.27

  7. カラカサ(ローソク足)

    2021.01.26

  1. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  2. カップウィズハンドル

LINEFX0714