赤三兵(あかさんぺい)

赤三兵(あかさんぺい)とは

赤三兵とは、上り階段のように陽線が3本続くチャートパターンのことを言うよ。
安値圏で現れる赤三兵は「買いシグナル」だと言われていて、上昇トレンドへの始まりだとされているんだ。
3本のローソク足が「進軍していく兵隊」のように見えることから「三兵」だと思っていたけど、本来は3つのローソク足が「並列(へいれつ)」していることから「三兵」と呼ぶようになったんだって。
なんで「赤」なのかという点は、日本では陽線のローソク足のことを「赤色」で表現することが一般的だからだよ!

この「赤三兵」の発生条件は下記の通り!
①1本目が、陽線
②2本目が、前日安値・高値・終値を切り上げての陽線
③3本目も、前日安値・高値・終値を切り上げての陽線
であれば、赤三兵が完成するんだ。
下記の記事でも解説した「三空踏み上げ」のように、窓を開ける(ギャップアップする)必要はないよ。

長い上ヒゲには注意が必要(赤三兵先詰まり)

この「赤三兵」だけど、3本目の陽線に「長い上ヒゲ」がつくと、赤三兵先詰まりといって、上昇が続かなくなる恐れがあるから気を付けてね!
赤三兵は「上ヒゲ」が無いものほど強いとされているんだ。

3本目の陽線が短い場合も注意が必要(赤三兵思案星)

また、下記の図のように、3本目の陽線(実体)が短い場合も、赤三兵思案星(しあんぼし)といって、買い方が迷っている・買いの勢いが落ちている証なので、注意が必要だよ。

赤三兵は、出現する場所と、3本目のローソク足の形が重要とされているので、これらの点に気を付けてエントリーしてみてね。
理想は、安値圏においてもち合い相場からの赤三兵。
高値圏での赤三兵は、上昇トレンドの終わりを示唆している可能性があるから気を付けてね!


関連記事

  1. 三点童子(さんてんどうじ)

  2. 魚の頭と尻尾はくれてやれ

  3. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  4. トンボ(ローソク足)

  5. 時価総額(じかそうがく)

  6. 天井三日、底百日(てんじょうみっか、そこひゃくにち)

カテゴリー

  1. カブーの自己紹介

    2021.12.23

  2. PBR(株価純資産倍率)

    2021.03.01

  3. BPS(1株あたりの純資産)

    2021.02.28

  4. トウバ(ローソク足)

    2021.01.29

  5. トンボ(ローソク足)

    2021.01.28

  6. トンカチ(ローソク足)

    2021.01.27

  7. カラカサ(ローソク足)

    2021.01.26

  1. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  2. カップウィズハンドル

LINEFX0714