ダブルボトム(Wボトム)

ダブルボトムとは

ダブルボトムとは、相場の底を示す「買いシグナル」で、「W」の形をしたチャートパターンのことを言うよ。
底が2つあることから「ダブルボトム」と呼ばれていて、底入れを確認する代表的なシグナルなんだ。

この「ダブルボトム」の発生条件は下記の通りだよ。
①株価が大きく下落し、反転(一番底)
②再び下落するも、前回の安値水準でまた反転(二番底)
③ネックラインと呼ばれる前回の高値を突破
上記を全てクリアすることで、はじめてダブルボトムが完成となるんだ。
ダブルボトムの逆シグナルとして「ダブルトップ」というものもあるよ。

安値圏で現れなければ意味がない

ダブルボトムのポイントとして、安値圏で現れなければ意味がないんだ。
そもそもダブルボトムは「株価の底入れを確認するシグナル」なので、このサインが高値圏で出てもそれは「買いシグナル」だとは言えないよ。

二番底が一番底を下回ってはいけない

ダブルボトムのポイント2つ目として、二番底が一番底を下回ってはいけないというものがあるよ。
仮に一番底を下回って反転したとしても、それはまだまだ下降トレンド形成中だから買いシグナルとは言えないんだ。
二番底は、前回の安値と同水準、もしくは前回の安値より高くなる必要があるから気を付けてね。

ネックラインを突破しなければいけない

ダブルボトムのポイント3つ目として、ネックラインを突破しなければいけないというものがあるよ。
ネックラインとは、一番底から反転してつけた高値ライン(戻り高値)のことで、ここを超えてはじめて「ダブルボトム」が完成するんだ。
もしネックラインを超えられなければ、まだ下げる可能性は十分に考えられるから注意してね。

ダブルボトムの買いポイント

これまでに説明した「ダブルボトム」だけど、買いポイントは大きく分けて3箇所あるよ。

①一つ目は、先ほどもお伝えした「ネックラインを突破」した地点。
このネックラインを突破できたら、周りの投資家も「強気」になって、買いの勢いが増すと考えられるんだ。
②二つ目は、ネックラインを突破してからの「押し目」地点。
ネックラインを突破したのをしっかり確認してから、押し目を待ってエントリーするのも有効な手段だよ。
③三つ目は、「下降トレンドラインを突破」した地点。
ダブルボトムは、赤色の「ネックライン」を突破してはじめて完成するとお伝えしたけど、完成する前に入るのも一つの手だよ。
黄色の「下降トレンドライン」を突破できたら、一度はネックライン付近までは上昇すると考えられるので、その利幅を狙ってエントリーするんだ。

ダブルボトムの売りポイント

もし、ネックラインを突破した地点(上記➀)でエントリーした場合、利確ポイント(目標値)は二番底とネックラインの値幅で考えるとわかりやすいよ。
仮に二番底が500円、ネックラインが700円だとしたら、値幅は200円なので目標値は700円+200円(同じ値幅)=900円ということになるんだ。
あくまでもひとつの目安だけどね!

以上のことを踏まえて、安値圏でダブルボトムが確認できたら、細心の注意を払いながらも積極的にエントリーしてみてね!


関連記事

  1. 赤三兵(あかさんぺい)

  2. 三点童子(さんてんどうじ)

  3. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  4. BPS(1株あたりの純資産)

  5. 休むも相場

  6. カラカサ(ローソク足)

カテゴリー

  1. カブーの自己紹介

    2021.12.23

  2. PBR(株価純資産倍率)

    2021.03.01

  3. BPS(1株あたりの純資産)

    2021.02.28

  4. トウバ(ローソク足)

    2021.01.29

  5. トンボ(ローソク足)

    2021.01.28

  6. トンカチ(ローソク足)

    2021.01.27

  7. カラカサ(ローソク足)

    2021.01.26

  1. 株価が上がりやすい時期・下がりやすい時期を徹底解説!

  2. カップウィズハンドル

キャンペーン